基板の自作はキット品で練習

プリント基板の基礎知識

基板の自作はキット品で練習

基板の自作はキット品で練習 電子機器を自作する時の手順は、最初に電子回路の設計を行う、回路図が完成した段階で、電気の流れ道になるプリントパターン図および部品の実装をどのように行うのかを記した基板図を設計するなどの流れで行います。
基板図が完成した後は、プリント基板を製作して、電子部品を1つずつ半田付けを行います。
すべて半田付けが終えた後は、正しく半田付けが行われているかを確認します。
電子部品の中でも電解コンデンサやダイオードなどは極性がありますし、ICにはピン配列があるので、正しく取り付けてあるのか否かを確認し、その上で通電を行うようにします。

しかし、自作でプリント基板を作ることが出来ない、電子回路の設計が出来ない人も多いかと思われますが、キット品を使えばプリント基板を作るための練習にもなりますし、キット品は部品を半田付けする、組み立てを行うだけで電子機器を作ることが出来ます。
尚、必要な部品や未実装のプリント基板、部品実装図や回路図、説明書などが同梱してあります。

プリント基板の自作はソフトを使うと製作が容易に行えます

プリント基板の自作はソフトを使うと製作が容易に行えます 電子部品を実装する板のことをプリント基板と呼びます。
プリント基板には部品を取り付けるための穴、半田を取り付けるためのランド、そして電流の流れ道でもあるパターンもしくはアートワークと呼ぶもので構成が行われており、この中でもパターンを作ることが中心になります。
アートワークは電子部品同士を接続するための回路で、複雑な電子回路になるとパーツの数も増える、これに伴ってアートワークの量も増えることになります。

自作する場合には、サイズが大きい電子部品を最初に配置する、例えばICなどの電子部品を並べて、回路図を見ながらパターンを描きます。
ある程度部品を配置するとスペースが不足してしまい、少しずつパターン間を狭くしたり、部品位置を移動するなどの修正が必要になることも少なくありません。
プリント基板のアートワーク設計が可能なソフトを使えば、こうした作業も手間を掛けずに行うことが出来ますし、フリーウェアなどの場合は無料で使えるのでお勧めです。

新着情報

◎2019/2/7

プリント基板の海外輸出が増えています!
の情報を更新しました。

◎2018/10/11

パターンを研磨してから塗布
の情報を更新しました。

◎2018/6/5

基板の自作はキット品で練習
の情報を更新しました。

◎2018/3/5

「プリント基板」の市場シェア
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

中国の基板製造について
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイトを公開しました

「基板 自作」
に関連するツイート
Twitter

<パソコン自作講座 No.3 マザーボードについて> マザーボードは全てのパーツを一つにまとめる基板である。詳しくは後の講座で説明していこう

そろそろPOS DT-1を基板から自作してファンにプレゼントする企画をやってるツイッタラーが出ても良いのでは…。 部品は実装じゃなくても良いし。 米粒に般若心経書くよりは簡単なんじゃないかと思えてくるレベル

返信先:@short_lovers フォロバありがとうございます〜 プリメイドAIの本、購入させてる頂きました(*´∇`*) 私も近藤サーボを自作基板で動かしたいとおもっているので、参考にしたいと思います どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Twitterスプライタ@サクさんと梢さんの人@Spri_ta

返信 リツイート 21:29

Q.よくネットに転がってるイメージとかは動く? A.単純には動きません。 Q.(まさか…)この基板だけだと何が動く? A.基板自体には何も入っていません Q.何も? A.まずダウンローダとメモリマッパーを自作する必要があります。

あとTEMPEST2000用の自作ロータリーコン作るのに便利そうだったので基板購入。Jaguarコンも希少品になってきてるので乗っ取り改造勿体無いしねー。 pic.twitter.com/9WG4flCh7E

Twitter五月雨せつな@takaflo

返信 リツイート1 17:31

このままでも十分使えるコントローラですし、何より実売価格が1200円程度と安いので、中から基板を抜き出して、自作ジョイスティックのベースとするのも、面白いと思います。

自作キーボードに興味出てきたけど、PCBから作った方がCapsLockをどーにかしやすいだろうし、魅惑の基板製作やってみるか。

Twitter野良会社員🍁近ホシ@ha_ra_gu_ro

返信 リツイート 13:58

<パソコン自作講座 No.3 マザーボードについて> マザーボードは全てのパーツを一つにまとめる基板である。詳しくは後の講座で説明していこう

iPhone基板自作とかもうわけわかんねえな

アーキテクチャ()を見直した基板がもうすぐ出来上がる。 搭載できるFPGA規模は4kLE〜50kLE、SRAMが2〜64Mbit 単純に自作プログラムを読ませてフリをさせるだけなら4kLEと8Mbitの組み合わせで足りそう。 Mode25とかコプロ積みたいとかいう場合はもっと上の組み合わせを選ぶことになる。 楽しみ。